ザ・コーラルが新曲を無料配信

|
1970年代後半から現在に連なるリヴァプールの音楽状況を、2000年代に活性化させた最大の要因のひとつであるバンド、ザ・コーラルが、本国では7月12日にニュー・アルバム『Butterfly House』をリリースする予定となっている。

古くは初期XTCやマガジン、そしてストーン・ローゼズのファーストを手がけたことでも知られるジョン・レッキーがプロデュースしたそのアルバムのタイトル・トラックが、彼らの公式サイトから無料ダウンロードできる。メール・アドレスなどの入力は必要だが、そうするだけの価値があるバンドではないだろうか。

2010年5月11日23時52分 (HI)

retweet