トム・ウェイツがシェークスピア戯曲に

|
ドイツのシアター・グループ、オルカテル(orkater)は、この秋シェークスピア『リチャード3世』の新作を上演することを先日発表したのだが、そこではトム・ウェイツによる「Misery Is The River Of The World」「God'S Away On Business」「I Don'T Wanna Grow Up」「I'Ll Shoot The Moon」「Underground」「The Part You Throw Away」といった曲が使用される予定。

トム・ウェイツとシェークスピア...。なかなかおもしろい組みあわせだ。

2010年5月11日5時38分 (HI)

retweet