ペイヴメント at 名古屋クラブ・クアトロ 2010/04/12

|
pavement_nagoya_1.jpg










ALL photos by Takeshi Suga

pavement_nagoya_2.jpg



 ペイヴメント11年ぶりの再結成ツアー。先に発表された本国アメリカやイギリスでのツアーは軒並みソールドアウトの大盛況。現役時代を超える人気を博している。


 そんな彼らを今夜はキャパ500人程度の会場で観られる貴重な機会。開演前にはクアトロはほぼ満員の状態。


 予定より10分程遅れて客電が落ちる。ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー」が大音量で流れる中、メンバーが淡々と登場。会場のボルテージが一気に上がり、ショーが幕を開ける。


pavement_nagoya_3.jpg


 ペイヴメントをリアルタイムで聴いていたであろうオーディエンスは、思い思いに喚起の声を上げ、それぞれの10年間に思いを馳せる。一方、再結成や彼らの影響を公言する最近のUSインディーバンドを通して、ペイヴメントを知った若いオーディエンスもそれに負けじと、轟音ノイズに身を委ねていく。バンドもそんなオーディエンスの反応を楽しんでいる様だ。


「Cut Your Hair」「In The Mouth A Desert」といった初期代表曲を中心としつつ「Shady Lane」なども披露された2時間程のセットは、あっという間に幕を閉じた。

retweet