VARIOUS ARTISTS『オールモスト・アリス』(Buena Vista)

|
reviews_100429_2_AlmostAlice.jpg
 ティム・バートン×ジョニー・デップ×不思議の国のアリス、ときたらヒットしないわけがない! という話題の映画『アリス・イン・ワンダーランド』のインスパイア・アルバム。

 映画からインスピレーションを得て全アーティストが新曲を提供したもので、一見若者に人気があるイマドキのバンドばかり...に見えるのだが、なんといっても目玉は9曲目、ザ・キュアーのロバート・スミス! 彼がカバーした「Very Good Advice」はディズニー映画『不思議の国のアリス』のテーマソングで、なんとも彼らしいファンタジックな仕上がり。ロバート・スミスという名前があるだけで、アリスの世界がより一層美しく妖艶に思えてくるから不思議だ。そしてこの顔ぶれに意外なもう1組がフランツ・フェルディナンド。フランツとティム・バートンという未知数の組み合わせから生み出されたのはダーク・ファンタジーの世界。イマジネーションを掻き立て、物語へと誘っていく表現力はさすが。モーション・シティ・サウンドトラックの参加は映画やコミック好きを公言しているだけあって大いに納得。活動休止中であるフォール・アウト・ボーイのピート・ウエンツ+昨年活動を再開したブリンク182のマーク・ホッパスといったコンピレーションならではの取り合わせや、オール・アメリカン・リジェクツの「The Poison」のようなしっとりと聴かせる良作があったりと、若者向けと敬遠するにはもったいない内容。もちろん、今のシーンで活躍しているバンドを知りたいという人には、言うまでもなくオススメです。

 意外にもミドル~スローテンポの楽曲が多く、その辺から映画のイメージも湧いてくる。それぞれにとっての「ワンダーランド」が綴られた歌詞も、まるで短編集を読むようで面白い。

 このオムニバスとは別に、劇中で使われているダニー・エルフマンの楽曲は『アリス・イン・ワンダーランド オリジナル・サウンドトラック』として発売中。

retweet