アルバム・リーフ『ア・コーラス・オヴ・ストーリーテラーズ』(Sub Pop / P-Vine)

|
reviews_100428_12_thealbumleaf.jpg
 ポスト・ロック/エレクトロニカという音楽は、それまでのロックを更新するための挑戦として始まった。アルバム・リーフことジミー・ラヴェルは、このジャンルにおいて常に、存在感を放ってきた音楽家として知られている。
 
 しかし、このポスト・ロック/エレクトロニカという音楽は、今では一部の音楽オタクのものとなってしまった。彼らの音楽への探究心。それは果てなき実験の連続である。しかし、そこでは歌、そしてそれを聴くオーディエンスという存在が忘れられがちになっていたと僕は思っている。そして、ジミー・ラヴェルについてもこのような音楽家に含まれる一人だと思っていた。

 ところが...である。アルバム・リーフの最新作は、以上のようなこれまでの僕の思いを大きく裏切る、ジミーのシンガー・ソングライターとしての姿をはっきりとリスナーに届けている作品となった。バンドが演奏し、歌が流れてゆく。それは僕にとっては嬉しい裏切りである。そして、これまでの彼のファンを裏切ることもない、彼の音楽への探求心について知ることのできる作品。彼のフェイヴァリット・アーティストはニール・ヤングだという。このアルバムを聴いた今、とても納得のできる話だ。

retweet